スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああああ

中学生の時に「本能とか理性とかなくね?」って思ってたんだけど、これが哲学的文脈と日常的文脈の齟齬なんだな。

思ったのが、公理主義を哲学に持ち込むの、いいかもしれない。って話。
例えば、「イシキなるものが存在する」という公理系、「イシキなんてものは存在しない」という公理、両方同時に研究する。
別個に存在する公理系だから、研究は勝手に進んでくれる。変な所で足踏みする必要がない。
ある公理系が行き詰まったら、他の公理系の研究を始める、なんてこともできる。
あとは、「公理」っていう考え・認識を哲学屋普遍のものにできる・・・なんていう副利益も生まれる。ここがけっこうでかいと思う。
昔、ヒルベルトが物理学に公理主義持ち込んだけど、どうやら一切の前進も産まなかったらしい。公理主義の物理学に対する貢献は任意の正数εより小さい、そんな揶揄もあったとか。うける。
だけど、多分数学と哲学は親和性あると思うんだよねー。
物理屋は哲学できないけど、哲学できる数学屋はたくさんいる。
アインシュタインとか、「神はサイコロを振らない(キリッ」とか言っててアホ丸出しじゃんね。
科学ってのが自然の斉一性原理を無条件に受け入れざるを得ない、ってとこから、これが絶対的な真理だとカンチガイして、物理学は実在論に走ってしまう・・・
実在論なんて、そんなの無思考で受け入れてたら、周りの哲学やってる人間にバカにされるもんだしね。wikipediaの素朴実在論のページで「シロウトが陥りやすい~」とか書いた人間は哲学を自己顕示ツールにしてるんだろうけど。別に悪くは言ってない。相対主義だから、全部は力への意志だし、自然選択だ。

で、乱立した公理系の、どれを選ぶか。(数学でも形式主義はこの問題にぶち当たるらしいね)
無矛盾性だとか、パラドックスの発見だとか、そういうの使ってうまく削除していけばいいんじゃないでしょうか・・・
でも、ある公理系にしがみついて、いくら反論されても離さない、みたいなのは生まれると思う。
個人の思考法に留まるのかな。

で、どうやって公理系を作るかなんだけど・・・
ここで、この方法をとるとき、必ず排中律及び無矛盾律の使用をしなければならないことに気がつく。
排中律及び無矛盾律を使わなかったら、ある命題Aについて、それを公理化するときに、

「Aである」
「Aでない」
「Aであり、Aでない」
「Aでもなく、Aでないでもない」
「AでありAでないでもなく、AでもなくAでないでもない」・・・

と、さながら空理論のようなことが起こりかねないのだ・・・。
だから、あくまで哲学の公理化は、「排中律及び無矛盾律」という公理系のもとでしか成り立たない。
そのメタ的公理系を逸脱する公理系は、また別の方法で研究せねばならない・・・。

とまあ、ここまで考えた。
排中律を使用しない(対象が無限集合のときのみだが)直観主義の手助けを得たくもなったけど、難しそうかな。

そもそも、全てがアリストテレスさんが発明した(内在的には存在していた?)論理性のもとに成り立っているから、まずはそこを疑ってかかりたいんだけどね・・・
そんなに難しいことではない、世間で言われるサイコパスは独自の論理性を持っている(のではないかな)
哲学は自殺行為だ、なんてよく言ったものだ。

唯物論を考えてて、英語の講座で『ホーリズム:holism』なんてものを聞いて、まあつまりモノ単体ではなく関係性:relationshipsが存在してこそ機能する、とかなんとか。
まあ、素朴に考えると、確かにモノ単体ではなくそれの相互作用、4つの力だとかが関わる問題かなあって気はする。あくまで形而下的にね。
だが、これを認識論的に捉えると、面白いことに気がつく。
「観測」という行為自体が、関係性である。

何が言いたいかというと、「関係性はモノより優位に立つ」ってこと。
関係性がなければモノは存在し得ない、存在してても分からない。

で、ホーリズムの話つながりなんだけど、講師の先生は「アリは単体で見ても単純な反応しかしないが、アリの巣全体を一つの生物として捉えると、実に賢い動きをする」だとかなんとか。「私たちの細胞と私たち自身の関係性もそうだ。」
ここで、前にNHKで見た番組を思い出す・・・
動物に知能はあるのか?という感じの番組だった。
その中で、ミツバチの知能について、という特集があり。説明すると長くなるので、印象的な、全てを説明できる単語を紹介しよう。

「群知能」。

ミツバチは巣全体では、さながら人間の脳のように働いている、とか。
人間の脳では、Aという主張をする神経細胞とBという主張をする神経細胞がいて、その対立・比較でよりよい方を選択する、それと同じ事がミツバチの巣では行われているらしい。
つまりは、やっぱり人間のイシキなんてのは単純な反応が多重化して複雑に見えているだけじゃないのか・・・なんてね。
断言するとまた違和感出てくるので、ぼかしときます。あと思考のメモ程度に。

まあこんくらいかな。おわり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わふー

Author:わふー
縦令真理を教えてくれる神がいようとも、それの語ったところは僕にとっては真理ではないのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。